トップページ クズモトプレカットシステム 構造部材加工

構造部材加工

横架材自動加工ライン

横架材自動加工ライン

選木・材質検査された素材が投入リフターに乗せられ、作業工程がコンピューターにより指示されます。腰掛けかま継ぎ、腰掛けあり継ぎ・あり掛け(大入れあり掛け)、かぶと掛け(かぶともたせ掛け)、もたせあり掛け、茶臼、胴差し(横さし)、大引彫り、根太彫り、間柱欠き、垂木欠き、火打彫り、ほぞ穴、各種ボルト穴などの自動加工を行います。

柱材自動加工ライン

選木検査され素材の曲がり、化粧面などの確認の上、投入リフターに乗せられ、作業工程がコンピューターにより指示されます。柱ほぞ、もたせ欠き(まくら欠き)、胴差し穴(横差し穴)、貫穴、廻り縁、壁しゃくり、ラス下しゃくり、各種ボルト穴などの自動加工を行います。

加工できる形状

隅木欠き

隅木欠き

●山木、谷木欠きの加工
●谷木欠きの中間部加工も自動位置決め
●隅木欠き幅は30~120mmまで自由な寸法で加工
●0.1寸から矩勾配なりに加工

各種寄り蟻

各種寄り蟻

●兜寄り蟻大入れ掛け
●もたせ寄り蟻
●短兜寄り蟻大入れ掛け
●茶臼寄り蟻大入れ掛け
●逆さ寄り蟻大入れ掛け

縦ボルト穴

縦ボルト穴

●貫通穴の最大高さ450mm

木口ボルト穴

木口ボルト穴

逆さ蟻掛け

逆さ蟻掛け

短兜蟻大入れ掛け

短兜蟻大入れ掛け

二段二重胴差し

二段二重胴差し

継手偏芯

継手偏芯

登り梁

登り梁

斜め梁

斜め梁

構造部材加工の模様

コンピューターにより指示されたクズモトプレカットシステムによる加工技術を映像でご確認下さい。

加工基本寸法と加工対象部材

■横架材

加工基本寸法
90〜150mm
高さ 90〜450mm
長さ 721〜8200mm
モジュールピッチ 900〜1000mm
加工対象部材
土台 梁桁 母屋(登梁・斜材対応)

■柱材

加工基本寸法
加工材 断面 90×90mmより180mm×180mm
長さ 200〜9000mm
加工対象部材
通し柱 管柱 特殊柱(通し柱、管柱の定義にあてはまらない柱)

会社概要

株式会社クズモトをご紹介します

採用情報

募集要項はこちらからご覧ください