トップページ クズモトプレカットシステム 合板加工

合板加工

合板自動加工ライン

合板自動加工ライン

MP-CADにより作成された板取りデータをもとに
合板の一端をつかんで送材しながら加工します。
ルーター軸を装備し、床合板の柱部の欠き、間柱の欠き、筋違い欠き、壁合板の軒桁干渉部分の欠き加工し、
更には、合板への印字により層ごと、壁ごと、屋根ごと等に整理がしやすく、
施工時にどこに配置されるのかがすぐにわかります。
また、長尺(10尺)合板の加工や屋根、床、壁の斜め部分の自動加工も行います。

合板の活用事例

合板加工の模様

コンピューターにより指示されたクズモトプレカットシステムによる加工技術を映像でご確認下さい。

加工基本寸法と加工対象部材

■基本寸法

素材寸法
長さ 1820〜3030mm
600〜1200mm
6〜35mm
モジュールピッチ 900〜1000mm

■対象部材

加工対象部材
屋根合板・床合板・壁合板・パネル用合板

会社概要

株式会社クズモトをご紹介します

採用情報

募集要項はこちらからご覧ください